エコツーリズム in 飯田 - インフォメーション

里地里山の田舎体験、木造校舎や旧街道を歩くツアーをご紹介。
インフォメーション
[信州から遠州へ歩いて国境を越えよう!]第3回青崩峠古道歩こう会

 

 

【集合場所】遠州側:田楽の里 8:00〜8:30受付

      信州側:かぐらの湯(道の駅遠山郷)・アンバマイ館 8:30〜9:00受付

 

【参加費】中学生以上3,000円 小学生2,000円

     ※当日現地にてお支払いください

 

【申込期限】平成30年10月29日(月)定員150名

      ※添付チラシから期間が変更となっています。ご注意ください。

 

【申込先】遠山郷観光協会

     TEL0260-34-1071 FAX0260-34-1132

     E-mail info@tohyamago.com

 

【申込方法】遠山郷観光協会のホームページ(tohyamago.com)から専用の申込用紙をダウンロードして記入後、メールまたはFAXにてお送りください。

      ※ホームページにアクセスできない方は、お電話ください。(TEL0260-34-1071)

 

【その他】台風の影響により、スタートから仮設トイレまでのコースが変更し、ゴール時間が14:00から14:30に変更となる予定です。

[参加者募集!]南信州山地ツアー 市田柿づくり体験の旅

 

[行程・内容]

7:50 名古屋駅(太閤口)集合⇒8:00 出発(大型バス)⇒9:55 飯田山本IC

10:00 市田柿づくり体験(梅花園)

     ※梅花園の方にご指導いただきながら、南信州特産「市田柿」づくりの体験をします。

     ※1人20個収穫・出来上がった市田柿は年末にお届けします。

     ※いちだ農産オリジナル商品も一緒にお届けします。

12:15 そばの郷農耕百花で昼食

     ※地元産のそば粉を使った自慢の蕎麦と地元の食材をふんだんに盛り込んだ絶品料理をご堪能ください。

13:45 紅葉の旧清内路街道を訪ねる

     ※一番清水・・・県内外から水を汲む人の行列ができるほどの人気で「信州の名水・秘水」に認定されています。

     ※長田屋商店・・・地元産大豆を使用した手作り豆腐やあぶら揚げが大人気。

     ※ツアー特典として、参加者全員に阿智村の特産品詰め合わせをプレゼントします。

     ※清内路街道は、木曽路と伊那路を結ぶ主要街道でした。地元ガイドの案内で旧街道の歴史と風情をゆったりと味わいます。

15:45 満蒙開拓平和祈念館

     ※旧満州に入植した満蒙開拓団の苦難の歴史を伝え、平和の尊さを次世代に語り継ぐために設立された記念館です。

16:45飯田山本IC⇒19:00名古屋駅(太閤口)着

 

 

 

参加費用 お一人様15,000円(税込)

申し込み期限 平成30年10月22日(月)

企画・実施 (株)南信州観光公社

 

     

[参加者募集!]名古屋発着 大鹿歌舞伎鑑賞と宗良親王の隠れ里を訪ねる旅

 

名古屋発着バスツアー

〜大鹿歌舞伎鑑賞と宗良親王の隠れ里を訪ねる旅〜

 

【日時】 2018年10月21日(日)

【内容】

 6:55 名古屋駅(太閤口)集合⇒7:00発⇒9:15松川IC

10:05 休憩

     *今年8月 大鹿村にオープンした道の駅「歌舞伎の里大鹿」

10:35 宗良親王の隠れ里を訪ねる 

      信濃宮、福徳寺本堂

     *南北朝時代、宗良親王は父・後醍醐天皇の命により、信濃大河原(大鹿村)などに隠れ住みながら南朝方の勢力挽回に奔走しました。

     *信濃宮は宗良親王を祭神とする神社です。

     *福徳寺本堂は平安時代末期の創建と伝えられ、宗良親王と深いつながりがあると考えられています。

12:00 大鹿歌舞伎を鑑賞

     *大鹿歌舞伎は、たびたび映画やドラマの題材に取り上げられ、2017年には地芝居として全国で初めて国重要無形民俗文化財に指定されました。毎年、春と秋の2回公演が行われます。

     [一幕目]絵本太功記 尼ヶ崎の段

      *明智光秀が主君・織田信長を本能寺で討った後、羽柴秀吉に滅ぼされるまでの三日天下を十三段に脚色した芝居。

     [二幕目]玉藻前曦袂 道春館の段

      *鷲塚金藤次が我が手で討った娘の首に「てでじゃ」と語る場面が一番の見どころ。

16:15 JAみなみ信州直売所「もなりん」にてお買い物

16:50 松川IC⇒19:00 名古屋駅(太閤口)着

 

 

参加費用:お一人様 14,500円(税込)

定員:40名

申し込み期限:平成30年10月9日(火)

旅行企画・実施 :株式会社南信州観光公社 TEL:0265-28-1747 FAX:0265-28-1748

 

 

 

 

 

[第24回 小川路峠へ登ってみよう]

 

 

○ 開催趣旨

  美しい紅葉を楽しみながら、秋葉詣りで栄えた歴史ある秋葉街道を歩み、道行く人の安全を祈るように静かに見守る石仏と出会って往時を偲びます。

  峠の頂に立てば、心地よい秋風が頬を撫で、天竜川の河面を隔てて西側に中央アルプス、東側に南アルプスの素晴らしい眺望を望むことが期待できます。これらを存分に心にとどめましょう。

 

○ 実施内容

 ・ ウォーキング(遊歩探訪コース)

   国道256号照仙閣入口→小川路峠 片道6km

   健康な人なら参加可能(小学生以下は保護者同伴)

 ・ ごみ拾い

   上久堅小学校児童が道中のごみを拾いながら登ります。

 ・ 峠の焼肉

   上村、南信濃の有志の皆さんが上村側から遠山ジンギスを背負い上げて、峠で振る舞ってくださいます。

 ・ 参加者全員で一緒に歌を歌います

 

○ 参加費

  一般500円 中学生以下300円(お茶代、保険料含む)

  当日現地受付にて納入してください。

 

○ 日程

  8:00から 受付 照仙閣入口にて

  8:30から 開会式

  8:50 出発予定

      〜途中適宜休憩〜

  12:00頃 三十三番小川路峠(標高1,642m)到着 昼食

  13:00頃 帰路出発

  16:00頃 解散 出発地点で番号札を返却後、それぞれ解散となります。

 

○ 参加申込み

  10月16日(火)までに参加する旨、氏名、性別、住所、年齢及び連絡先(携帯電話が望ましい)を次の連絡先まで、電話又はFAXでご連絡ください。

 ・ 連絡先

   飯田市上久堅自治振興センター(上久堅公民館) TEL0265−29−7001 FAX0265−29−7203

   飯田市上村公民館 TEL0260−36−2211 FAX0260−36−2905

   喬木村公民館 TEL0265−33−2002 FAX0265−33−3682

 ・ いただいた個人情報は当事業以外には使用しません。

 

 

問い合わせ先

上久堅観光協会事務局(飯田市上久堅自治振興センター内)

TEL0265−29−7001  FAX0265−29−7203

[受講者募集!]観光ガイド・インストラクター研修会

リニア時代を展望して南信州を旅の目的地に!

観光ガイド・インストラクター研修会 受講者募集

 

【対象】

・飯田、下伊那地域の居住者で、南信州の観光ガイドや農林業など体験プログラムのインストラク
ターとしての活動に興味や関心のある方
・将来プロフェッショナルのガイドとして活動したい方

・現在、観光ガイド(桜守・まち並み等)としての経験があり、さらにガイドの基本を学びたい方
・2日間の研修の全てのプログラムに参加できる方

※18歳以上の方を対象とします。

 

【募集人員】 各回30名程度

【参加費】 無料(講習代、テキスト代)、1日目の情報交換会・交流会は3000 円/人程度(当日集金)
各自お弁当(昼食)、飲み物をご持参ください。(服装・持ち物は参加決定後連絡します。)

 

【開催日】

第1回 平成30 年10月13日(土)、14日(日) 場所 飯田市野底山森林公園 憩いの家
第2回 平成30 年10月30日(火)、31日(水) 場所 松川⻘年の家
第3回 平成30 年11月23日(金)、24日(土) 場所 阿南町町⺠会館
※各回とも基本は同じ内容となります。いずれか1回参加しやすい会場を選んでご応募ください。
(※来年度はステップアップ研修会を開催する予定です。)

 

【申込方法】: 次のいずれかの方法でお申し込みください。
専用ウェブフォーム(南信州観光公社ホームページ)から申し込む。
別紙申込書に必要事項を記入して、FAXまたは郵送で申し込む。
〒395-0152 飯田市育良町1丁目2−1 南信州観光公社地域振興室宛
FAX0265−28−1748
募集期間 平成30年9月10日(月)〜10月1日(月)必着

問合せ先 株式会社南信州観光公社地域振興室 担当:竹前、奥田

http://www.mstb.jp/osirase/archives/2018/09/2018_3.html

TEL0265−28−1747 Eメール:info@mstb.jp
講師紹介 藤澤安良氏:体験教育企画代表、南信州観光公社取締役、全国で体験型観光のコンサルティングと
ガイド・インストラクター研修を進めている。教育旅行の専門家でもある。
寺岡義治氏 森林環境インストラクター、伊那谷自然友の会々員。森林施業の専門家。(10/14)

 

伊那谷地名講座「大平街道の歴史と地名」

第19回伊那谷地名講座「大平街道の歴史と地名」

 

 大平街道に関する歴史上の記録文書は、東山道神坂越の駅制が実施されたことを示す『続日本紀』大宝2(702)年にあります。

 「大平街道」は伊那谷と木曽谷を結ぶ単なる街道ではなく、この街道には伊那谷の歴史としっかり結びついた縮図があります。古代から中世、近世、近代、そして戦後の高度経済成長の大波のなかでのいわゆる「過疎・過密現象」による大平集落の解散までの歴史と、それにまつわる「地名」についてお話しします。

 

◆日時 平成30年9月22日(土) 午後1時30分〜3時

◆場所 飯田市立中央図書館 2階研修室

◆講師 清水迪夫 氏(伊那谷地名研究会会員)

◆対象 中学生以上 ※受講料無料

◆申込み 9月22日(土)午前中までに

     中央図書館(0265ー22ー0706)へお申込みください。

 

主催 伊那谷地名研究会・飯田市立中央図書館

 

 

【参加者募集!】飯田古墳群探訪と菱田春草の名作鑑賞 名古屋発着バスツアー

国史跡「飯田古墳群」探訪

近代日本画の先駆者 菱田春草の名作「菊慈童」鑑賞の旅

 

【日時】2018年9月30日(日)

【行程】  7:30 名古屋駅(太閤口)集合→7:40出発→9:40飯田IC

      9:45 りんごの里にて休憩 ※りんごの里集合の方乗車扱い

    10:00 りんごの里 発

    10:20 飯田古墳群見学 

    ●高岡第1号古墳

    ●飯沼天神塚(雲彩寺)古墳

    12:00 長屋門 桑はらにてランチ

    13:40 飯田古墳群見学 

    ●上溝天神塚古墳

    ●おかん塚古墳

    14:50 菱田春草の名作「菊慈童」を鑑賞

    ●飯田市美術博物館

    16:05 農産物直売所「りんごの里」にて買い物

       ※りんごの里発着の方は解散

    16:30 飯田IC→18:40 名古屋駅(太閤口)着

 

【代金】名古屋発着の方:13,000円(最大30名)

    りんごの里発着の方:8,000円(最大10名)

    ※いずれもお一人様税込

【申込み】条件および日程をご確認いただき、2018年9月15日(土)までにFAX・ホームページにてお申込みください。

 

【申し込み・お問合せ先】

(株)南信州観光公社

TEL:0265-28-1747 FAX:0265-28-1748

 

 

【参加者募集!】稲刈り体験と陶芸に触れる旅 名古屋発着バスツアー

〜里山の文化と芸術に触れる大人旅〜

【日時】 2018年9月17日(月・祝)

【内容】

 7:40 名古屋駅(太閤口)集合

 7:50 出発(中型バス利用)⇒10:00 天龍峡IC

10:30 日本の棚田百選「よこね田んぼ」で稲刈り体験

     ☆昔ながらの田園風景の中、稲刈り体験をします。

      地元保全委員会の丁寧な指導があり安心です。

11:25 陶芸工房「青藍洞窯」見学

     ☆飯田市千代で活躍活動する陶芸家・陶芸家 川手敏雄氏の工房を見学します。

      窯や作品を見ながら発想を膨らませ、午後の陶芸体験へ。

12:15 農村寄食舎「ごんべえ邑」で里山料理・どぶろく・地酒

     ☆囲炉裏を囲んで、旬の食材を活かした里山料理を、昔ながらの「箱膳」で堪能。

      ”どぶろく”やよこね田んぼで収穫された「よこね米」を使用した日本酒(非売品)も味わうことができます。

13:30 陶芸体験

     ☆昼食後のごんべえ邑で川手敏雄氏の指導による陶芸体験をします。

      出来上がった作品は後日青藍洞窯で焼成し、皆様のお宅へお届けいたします。

15:40 りんご狩り〜秋映(あきばえ)&シナノスイート〜

     ☆秋の南信州といえば、やっぱり「りんご」が大人気!

      「信州りんご3兄弟」の中から、この時期旬をむかえる秋映とシナノスイートをご賞味ください。

16:40 飯田山本IC⇒18:40 名古屋駅(太閤口)着

 

【代金】 14,500円(お一人様)

【定員】 25名(最少催行人数20名)

【締切】 9月3日(月)までにFAX・ホームページにてお申込みください。

    ※締切日以前であっても、募集人員に達した時点で締め切らせていただきます。

 

申込み・お問合せ先

(株)南信州観光公社

電話:0265−28−1747

FAX:0265−28−1748

HP:http://www.mstb.jp

 

 

【参加者募集!】夏のさわやかな高原でヘルシースイーツ満喫と癒しの旅 名古屋発着バスツアー

 

南信州売木村

夏のさわやかな高原でヘルシースイーツ満喫と癒しの旅

 

【日時】 2018年8月26日(日)

【内容】

 7:35 名古屋駅(太閤口)集合

 7:40 出発 ⇒ 国道153経由 ⇒ 売木村

 10:20 やぎミルクのソフトクリーム試食[やぎママキッチン]

      ☆やぎミルクのソフトクリームは濃厚で、後味さっぱり!

       やぎのミルクの成分は母乳に近く、タウリンや中鎖脂肪酸など話題の栄養価もばっちり!

 11:00 高原の牧場でヤギとふれあいタイム[ぶなの峰牧場]

      ☆ぶなの峰牧場は標高1,200mの場所にあり、

       放牧されているやぎとふれあうことができます。

 12:15 『カフェ&ギャラリー のの庵』にてランチ

      ☆古民家カフェでくつろぎのひと時を。目にも楽しいヘルシーランチをいただきます。

 13:10 たかきびまんじゅう復刻物語

      ☆雑穀の一種”たかきび”を米粉の皮に練りこみ優しいピンク色となります。

       蒸したてのおまんじゅうを味わいながら、生産者の復活にかけた思いをお聞きします。

 15:15 コスモスガーデンとジャム工房[阿智村 治部坂高原]

      ☆夏になると治部坂高原スキー場のゲレンデが100万本のコスモスで咲き誇ります。

       隣接する「治部坂高原ジャム工房」では夏限定のとうもろこしのジャムなど

       約60種類の手作りジャムが並び、お土産にぴったりです!

 18:50 名古屋駅(太閤口)着

 

【代金】 13,500円(お一人様)

【定員】 25名(最少催行人数20名)

【締切】 8月10日(金)までにFAX又はホームページにてお申込みください。

    ※締切日以前であっても、募集人員に達した時点で締め切らせていただきます。

 

申し込み・お問合せ先

(株)南信州観光公社(http://www.mstb.jp/

電話:0265−28−1747

FAX:0265−28−1748

 

 

「山里社会の歴史とくらし」 第16回飯田市地域史研究集会

第16回 飯田市地域史研究集会

山里社会の歴史とくらし

 

近世の飯田・下伊那郡では、多くの村が山間部にありました。

こうした山間部村落(山里)は、平野部の農業村落や城下町にとっても、

建築用材や肥料・飼料、薪炭などの供給源として不可欠な存在でした。

 

今回の研究集会では、近世〜近現代の飯田・下伊那の山里社会が、

どのように成り立っていたのかを考えます。

第1部では、近世〜近代の山里社会を分析した研究報告をめぐって議論します。

第2部では、木沢と清内路という2つの地域を取り上げ、その歴史と現在を考えます。

---------------------------------------------------------------------------------------

日程 平成30年8月25日(土)・26(日)

内容

■8月25日(土) 10:00〜17:00

 第1部 山里社会−近世から近代へ

 報告=清内路郵便局と山里社会  小島 庸平(東京大学)

 コメント=田中 光(神戸大学)

 

 報告=近世初期の城下町建設と伊那の材木  吉田 ゆり子(東京外国語大学)

 コメント=多和田 雅保(横浜国立大学)

 

 報告=17世紀の榑木役の変質−脇坂飯田藩の榑木米を中心に  前澤 健(高森町立高森北小学校)

 コメント=羽田 真也(飯田市歴史研究所)

 

※昼食後に芸術鑑賞を予定しています。

 

■8月26日(日) 10:00〜12:30

 第2部 山里に向きあう

 <木沢地域をめぐって>

 報告=文化的中核としての木沢小学校  多和田 真理子(國學院大學)

 対談=木沢の歴史文化を未来につなぐ  松下 規代志(木沢地区活性化推進協議会)

                    田嶋 一(國學院大學名誉教授)

 

 <清内路地域をめぐって>

 報告=近世清内路の村運営  坂本 廣徳(「清内路ー歴史と文化」研究会)

 報告=「清内路−歴史と文化」研究会の調査と出会って  原 和信(清内路こども会)

 

会場 長野県飯田勤労者福祉センター(さんとぴあ飯田) 飯田市東栄町3108−1

 

※資料代500円(2日間共通)

※高校生以下無料・事前申込み不要

---------------------------------------------------------------------------------------

飯田市歴史研究所 電話:0265−53−4670 

         FAX:0265−21−1173

 

コンテンツ・メニュー

カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
最近のエントリー
アーカイブ
リンク