エコツーリズム in 飯田 - インフォメーション

里地里山の田舎体験、木造校舎や旧街道を歩くツアーをご紹介。
インフォメーション
<< 竹いかだ体験ツーリズム | main | ボランティア募集!!【天竜川ホワイトウォーターフェスティバル】 >>
竹いかだ体験ツーリズムその
前回に引き続き、竹いかだ体験ツーリズムの様子をレポートします。

いかだも出来上がり、いよいよ川下りスタート!
と、その前に、お昼ごはんを食べました。

天竜舟下りの会社の近くにあるお食事処。
野菜たっぷりでとても美味しい。午後も頑張れます。



そしていよいよ川下りのために着替え、ヘルメット・ライフジャケットを装着します。
そして船乗り場へ移動します。

到着すると、クレーン車で竹いかだを移動している最中でした。


これ浮かんでる・・よね?と、不安そうな声がちらほら。



ラフトガイドのトミーさんから、川を下るにあたってのセーフティトークがありました。


ヘルメット・ライフジャケットのベルトはきちんと締まっているか、サンダルは簡単に脱げないようになっているか確認。
ライフジャケットの性能、川に落ちた際の対処法などを聞き、安全確保の方法を確認。
その後は舟に乗る時の姿勢、舟を漕ぐパドルの使い方の説明。



しっかりと説明を聞き、川下りスタートです。
人数の都合上、ラフトボートといかだのチームに分かれて出発。途中で乗り換えながら(!)の川下り。



ラフトボートはもちろんのこと、「仙台 飯田 Friendship号」もなかなか安定しています。
竹いかだはボートに比べて視線も低く水面に近いため、より天竜川を感じることができました。


コース途中にあるジャンプロックと呼ばれる大きな岩から飛び込みは爽快!
飛び込む時の掛け声は、「仙台 飯田 Friendship号 万歳!!」
なんとベタで素敵な言葉。



いかだの上でこんな風に立ち上がったりも。
出発前の不安な様子が嘘のよう。
ちなみに立ち上がった時の安定感はいかだの方が◎!



皆さん、いい表情してます。


川下りの後はお湯を張った舟で冷えた体を温めました。
 
このお湯は竹ボイラーで温めたお湯。ちなみに1本35kgの竹が3本あればガソリン18ℓ分の燃料になるそうです。
竹はそれほどの可燃性を持っています。


レインシャワーもありました。



 

最後に「仙台 飯田 Friendship号」と一緒に記念撮影。
このまま宮城に持って帰りたい〜なんて声も。皆さん愛着が湧いた様子。



このツアーは、伐採した竹でいかだを作って川を下り、その後は竹ボイラーで温めたお風呂に入るというコース。
宮城教育大学の皆さんもそんな「竹を使った循環」を感じてくれていた様子でした。
皆さんも、是非お試しあれ!!